いっしきまさひこBLOG

Web制作関連、プログラミング関連、旅行記録などなど。

Google App Engine アプリケーションの実行の仕組み

Google App Engineアプリケーションの実行は標準CGI経由でのWebサーバとの通信により成り立っています。エンド ユーザーからWebサーバーへ、アプリケーションに対する何らかのリクエストが送られると、Webサーバーは、環境変数に含まれるリクエスト データや、標準入出力ストリームのPOSTデータを伴って、Webアプリケーションを起動します。このリクエストに応答するため、アプリケーションは標準出力ストリームにHTTPヘッダとコンテンツを含めてレスポンスを書き込みます。

demosフォルダに含まれている「guestbook」のフォルダ内容を確認してみましょう。

次の2つがあります

guestbook.py(プログラム)

app.yaml(構成ファイル)

guestbook.pyファイルはプログラムです。このようにプログラムは.pyファイル(Python スクリプト ファイル)として記述します。アプリケーション内には複数のプログラム ファイルを持つことができます。

app.yamlファイルは構成ファイルで、アプリケーションに1つだけです。このファイルでは、アプリケーションの名前やバージョン、さらにどのURLへのリクエストに対してはどのプログラム(.pyファイル)が応答するのかを定義します。詳しくは後述します。

要するに、Google App Engineアプリケーションは、app.yamlファイルの記述内容に基づき、次々とプログラム(.pyファイル)を呼び出していくことで、プログラムを実行することになります。

【目次】「Google App Engineアプリケーション開発入門」―――

Google App Engine環境の準備

Google App Engine SDKの内容

初めてのGoogle App Engine アプリケーションの実行

■Google App Engine アプリケーションの実行の仕組み

初めてのGoogle App Engineアプリケーション「Hello World!」の開発

Google App Engine アプリケーションのデバッグ

Google App Engine の webapp Frameworkの利用