いっしきまさひこBLOG

Web制作関連、プログラミング関連、旅行記録などなど。

映画「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の感想

もう1週間前ですが、先行ナイトで「ロード・オブ・ザ・リング(The Lord )/王の帰還」を観てきました。

【ストーリー】

ロード・オブ・ザ・リング3部作の第2章「二つの塔」で、白の魔法使いサルマンの軍と、人間の国「ローハン」との戦いで、奇跡的にローハンが勝利を収めたのに続き、最終章「王の帰還」では、指輪の持ち主である冥王サウロンの軍と、もう1つの人間の国「ゴンドール」が戦うことに…。圧倒的な数のサウロンの軍に勝つことは可能なのか?そこにゴンドールの王=アラゴルンが帰還する!一方、フロドとサムは指輪が作られた「滅びの山のきれつ」にたどり着けるのか?その山のきれつの中にあるマグマに指輪を捨てることができるのか?

評価は・・・

5点満点です。

すごく満足。好きなジャンルということもありますが…。

最高なのは、サウロンの軍とゴンドールとの戦いです。

やっぱり迫力があります!

特に馬に乗って戦う人間はかっこいい。

「なんか人間と馬って合うんだなぁ」と、ストーリーとは全く関係ない印象をもちました。

DVDが売り出されたら3部作まとめて買いたいですね。 :-)