いっしきまさひこBLOG

Web制作関連、プログラミング関連、旅行記録などなど。

Visual Studio for Office(英語版)を起動してみる

「Microsoft Visual Studio for the Microsoft Office System(VS for Office)」はOfficeソリューションを開発するためのVisual Studio .NET アドインです。VS for Officeを使うことで、従来のVBAよりも強力な言語VB.NETやC#を使って開発できるだけでなく、Windows Formやデータベース、セキュリティなどの.NET Frameworkの機能を使ったリッチなソリューションが構築できるようになります。

次の画面は、VS for Officeアドインを追加したVisual Studio .NET 2003(英語版)で、新規プロジェクトを追加しているところです。[Microsoft Office System Projects]でVB.NETやC#のプロジェクトを作成できるようになっています。

vsoffice1.gif

次の画面は、実際のVS for Officeの開発画面です。「ソリューション エクスプローラ」の中には[Excel]や[Microsoft.Office.Core]への参照が自動的に追加されています。

vsoffice2.gif

この英語版のVS for Officeを、マイクロソフトの無料の体験サイトで使うことができます(この画面もこれを使っています)。体験サイトはターミナル サービスで接続するので、自分のマシンにVS for Officeをインストールする必要はありません。

・MSDN:「Experience Visual Studio .NET Free Online」(英語)

【価格】

Microsoft Visual Studio Tools for the Microsoft Office System

・通常パッケージ 89,800円

・優待パッケージ 45,800円

・アカデミック パッケージ 19,800円

その他、VS for Officeの関連資料を以下にあげておきます。

・プレス資料:「Microsoft(R) Visual Studio(R) Tools for the Microsoft Office System」を11月14日(金)より店頭発売

Visual Studio Tools for Office ホームページ

・MSDN:「Office Developer Center

・MSDN:「Bring the Power of Visual Studio .NET to Business Solutions Built with Microsoft Office」(英語)

・MSDN:「What's New in Microsoft Office Word 2003 for Developers?