いっしきまさひこBLOG

Web制作関連、プログラミング関連、旅行記録などなど。

twitterでのつぶやきを一括削除するツール

2010年11月20日更新。2011年6月22日更新(認証ができなくなっていた問題を解決)。2012年5月3日更新(同様に認証できなくなっていた問題で、自動認証→手動認証に仕様変更)。

twitter Twitterのつぶやき(ステータス)を一括削除するツール「TwitterEraser」(Twitterでの製品登録名は「TweeterEraser」)を作りました。あくまで自分用に作ったので、完ぺきではない部分があるかもしれません。しかも数カ月前に作ったので、細かい仕様を忘れてしまいました……(^^;)。何か問題がおきても責任は一切取りませんのであしからず、自己責任で。取りあえず自分のIDで試してみましたが問題ないようです。世の中にはつぶやき削除したい人もいるかと思い、せっかく作ったので、とりあえずあるままで提供します。

なお、twitterのつぶやきは、消しても、表示されなくなっているだけで、実際には消えていないそうですので、その点、ご了解ください。

※TwitterEraserは、最新の100件のつぶやきを残して、3万件のつぶやきを一括削除します。ただし3万件削除するには、理論的に8日以上かかりますので注意してください(300件ぐらいなら2~3時間です)。こんなに時間がかかるのは1時間に150回しかAPI(=プログラム内で使うもの)を呼び出しできないという制限がtwitter側で設定されているためです(2010年11月20日現在は350回に増えているようです)

上記のリンクからtwittereraser.zipファイルをダウンロードしたら、任意の場所に展開してください。展開したフォルダ内にある「TwitterEraser.exe」を実行すると、次のようなアプリケーションが起動します(※事前に.NET Framework 3.5がインストールされている必要があります)。

twittereraser1

続きを読む

特定の拡張子のファイルを一括削除するには?

cmcline現在のディレクトリと、その配下にあるすべてのサブディレクトリから「.test」という拡張子のファイルをすべて削除するには、以下のコマンドをコマンドプロンプトに入力すればよい。

cd "現在のディレクトリ名"
del /s *.test

cdコマンドで現在のディレクトリへ移動する。移動しないと、すべて消してしまう可能性があるので要注意。
delが削除するコマンド。実際には「test」の部分をほかの拡張子に書き換える。

※くれぐれも慎重に。何があっても一切の責任は負いません。

SQL Azureのロードマップ

sqlazure SQL Azureの今後のロードマップ は次のようになっています。

  • 2009年8月初旬:CTP1
  • 2009年9月中旬:CTP2
  • 2009年11月中旬:バージョン1(商用利用可能)

もうすぐCTP1が提供されるようになるので、その出来がどうか、楽しみですね。

SQL Azure Roadmap

(本画像はWPC09の「Extend Your Application to the Cloud with SQL Azure Database」のPPTから引用しました)

Windows Azureの購買モデルとロードマップに関する新情報

winazure各所でニュースになっていますが、WPC09というイベントでWindows Azureの価格体系やSLAが発表されました。本稿では、それらのニュース記事ではあまり触れられていない事項について補足情報をお伝えします。Windows Azureは11月17日~19日に開催されるPDC09(Professional Developers Conference November 17-19, 2009)でローンチされます。

そういえば、WPC09のキーノートでは「Windows Azure Platform」という表示がなされていました。単純に「Windows Azure」のことを表しているのか、「Azure Services Platform」の名前をこれに変更しようとしているのかと疑問に思いました。どうやら後者という話です。いきなり脱線しましたが、本題。

続きを読む

Windows Azureに関する戦略で判明したこと

winazure 今日、マイクロソフトのクラウド インフラに関するアンケート調査に答えたが、その質問項目からWindows Azureで検討中の機能について知ることができた。

まず運用費だが、月間100米ドル(=1万円)程度を想定しており、6カ月契約で10%~5%の値引きを検討しているようだ。

また以下のような追加機能を検討中らしい。

・管理者アクセスを要求するアプリケーションをセットアップする能力
・ユーザーの応答が必要となるセットアップを実行する能力
・セットアップ以外の目的での管理者権限
・SMB互換命令を使う永続的で共有可能なファイル システム
・キューを使わずに同じサービスでインスタンス間の通信
・外出しするIPアドレスを特定のインスタンスにマップ(つまりロードバランシングなし)
・外出しするインバウンド通信をHTTP以外のプロトコル経由で許可
・デバッグ目的でのリモート デスクトップ アクセス
・ほかの目的でのリモート デスクトップ アクセス(自由回答)
・共有ホスティング(低価格、かつ、SLAなしでより厳格なWebホスティング モード)
・オンプレミスとオフプレミス間の互換性
・VLAN(バーチャルLAN)分割
・追加サービス(自由回答)
・自分のWindows Azure互換アプリ向けにマーケットプレースを構築する能力

返信時の引用符を無くすThunderbirdアドオン「ReFwdFormatter」

refwdformatterメール クライアント ソフト Thunderbird でメールを返信しようとすると、引用された内容の前に「>」という引用符が付きます。また、転送しようとすると、件名が [ ] で囲まれてしまいます。

この現象は設定では解決できません。世の中にある Thunderbird アドオンである程度対処できるのですが、すべての「>」が消されたりと、使い勝手がよいものがありませんでした。

そこで、これらの問題を解決するアドオン「ReFwdFormatter」を開発しました。

続きを読む

Microsoft が提供する PaaS“Red Dog”

cloudcomp.jpgスティーブ・バルマー氏が秘密にしている Microsoft のクラウド プラットフォーム戦略 “Red Dog”(コード名)が、PDC 2008 で明らかとされる予定らしいです。“Red Dog”は Windows 向けのクラウド プラットフォームを提供するプロジェクトです。

“Red Dog”を加え、今後、クラウド ベースのプラットフォームを提供するサービス(いわゆるPaaS:Platform as a Service)は、主に以下の3つになると考えられます。

 ・Google App Engine

 ・Amazon EC2

 ・Microsoft “Red Dog”(→Windows Azureという名称になりました)

これらはいずれもユーティリティ コンピューティング、つまり使用容量やトラフィックに応じて利用料を払う、従量課金のコンピューティング環境です。“Red Dog”は、Microsoft のインフラ上のストレージやホスティング環境を従量課金で使えるようにし、開発者が(Microsoft のクラウドが持つパワーを生かして)柔軟にクラウド サービスやアプリケーションを開発できるようにします。

特徴をまとめると以下のようになります(参考「LiveSide.net: Red Dog: Ray Ozzie's answer to the Google App Engine?」)。

 ・効率的な仮想化環境

 ・完全自動化されたサービス管理システム(※Google App Engineのように運用面は気にしなくてよい)

 ・高いスケーラビリティを持つストレージ サービス(必要な容量だけを利用する形態)

 ・サービスは Microsoft のデータセンターにある何百万台のマシンにスケールアウト可能

 ・インターネット サービスとアプリケーションの迅速な開発、展開、メンテナンスのための最高のプラットフォームとして、今後の市場をリードしていく

 ・来年にはバージョン1が提供される(かも)

ここで気になるのは「ソフトウェア+サービス」(software-plus-services)との関係でしょうが、当然“Red Dog”も、「ソフトウェア+サービス」アプローチの一環として進められています。今後の情報システムのあり方は以下のような3種類に分類できると思いますが、一極集中は行き過ぎた考え方であり、バランスのとれたハイブリッド型が浸透していく可能性が高いのではないでしょうか。

 ・企業ベースの(アプリケーション)ソフトウェア

 ・ソフトウェア+サービスのハイブリッド

 ・完全なクラウド サービス

現実的には、Googleは比重をクラウドに置いたハイブリッドを進めており、Microsoft は比重をソフトウェアに置いたハイブリッドを推進しているととらえた方がよいと思います。

「おや、Googleはクラウド一点なんじゃないの?」という意見が多数あると思いますが、Google 自身も Web アプリケーションをデスクトップで使えるようにする Google Gears(と Google Chrome )などを提供することで、Web アプリケーションの限界を超えようとしています(Google Gearsにより、Webアプリはデスクトップ アプリになります)。Adobe については AIR で、というように、いまはWebテクノロジの方からデスクトップに歩み寄るようになっているのが現実。それらを見ると、結局はWebとデスクトップの長所をうまく利用しようとするのが今後の情報システムの方向性で、それにクラウド寄りか (Google の立場)、ソフトウェア寄りか (Microsoft の立場) という違いがあるだけだと思います。

【参考資料】

LiveSide.net: Red Dog: Ray Ozzie's answer to the Google App Engine?

InformationWeek: Microsoft Mum On 'Red Dog' Cloud Computing

VentureBeat: Steve Ballmer dishes out the charm in Silicon Valley, hints at Red Dog, pledges to spend billions on search business